引っ越し 衣装ケース ガムテープ

引っ越し時、衣装ケースはガムテープで止めるの?!

引っ越し時、衣装ケースはガムテープで止めるの?!お勧め一括見積もりサービス

 

衣装ケースをお持ちの方は多いでしょう。
では引越し時、衣装ケースはどのように運搬したらよいのでしょうか?
中身は取り出すのでしょうか?

 

ここでは衣装ケースの引越し方法についてご説明しましょう。

 

衣装ケースとは?

衣装ケースは主に衣類を入れておくプラスチック製のケースであり、
フタ式と引き出し式があります。
衣装を保存しておくために、押し入れやクローゼットの中に
しまっている家庭が多いでしょう。

 

古い衣装ケースであれば、紙製や金属性のものも中にはあります。
またキャスターつきのものもあります。

 

衣装ケースは中身をそのまま運んでくれる?

引っ越し業者にもよりますが、一般的に衣装ケースは
中身をそのままの状態で運んでくれるところが多いでしょう。

 

タンスの場合はタンス自体が重いため、中に衣類が入っていると
さらに重量が増え、引っ越し時の運搬が非常に大変にあるため、
中身を取り出して運ぶのが一般的です。

 

しかし衣装ケースはプラスチック製になり、衣装ケース自体は軽いので
中身を入れたままでもそれほど重くなく、
作業スタッフも運びやすいのです。
中身を出さずに運んでくれるとその後の荷解きの作業も非常に楽です。

 

引っ越し時、衣装ケースはガムテープで止めるの?!お勧め一括見積もりサービス

 

フタや引き出しが飛び出してこないようにガムテープでしっかりと固定しよう

衣装ケースを輸送する際は、フタや引き出しが配送時に開いてしまい、
中身が飛び出してきてしまうことがあります。

 

そうならないようにガムテープをしっかりと貼って、
フタや引き出しが出てこないようにしておきましょう。
ガムテープで固定する場合には養生テープや布テープをおすすめします。
ガムテープの中でもクラフトテープの場合、はがれにくくなったり、
接着剤の跡が残ってしまったりすることもあるので気を付けてください。

 

衣装ケースには衣類や布製品以外はいれないでおこう

衣装ケースには衣類や布製品以外の荷物は入れないようにしましょう。

本や書類を衣装ケースに入れておく人がいますが、
これはかなり重くなるため配送時に困ります。
重たいものを入れてしまうと、
その重量に衣装ケースが耐えられなくなってしまい、

かなりの確率で衣装ケースが破損してしまいます。
衣装ケースには衣装以外のものを入れないように注意してください。

 

まずは引越し見積もり無料一括請求サイトを利用しよう

まずは引越し費用を安くするために
引越し見積もり無料一括請求サイトを利用してみるとよいでしょう。
衣装ケースの数を入れればどのくらいの
引っ越し費用がかかるのかも見積もりですぐにわかりますよ。

 

引っ越し時、衣装ケースはガムテープで止めるの?!お勧め一括見積もりサービス

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。